群馬県医学部生家庭教師会へお問い合わせなら

050-3740-1592

群馬大学の
現役医学部生が教えます

難関をくぐり抜けた現役医学部生だからこそわかる、
合格につながる勉強方法。

群馬県医学部生家庭教師会は「群馬の教育を変える」をモットーに、
群馬大学医学部医学科に在籍する学生が、県内の各地域のご家庭に質の高い教育を提供することを
目的として創られた団体です。従来の家庭教師団体のような高額の仲介料や教材料を撤廃し、
「学生家庭教師の本来のあり方」を全国に示しています。
学生同士が協力し合い、人格と教育力に長けた医学部生を育成・派遣しております。

群馬県内対応エリア

前橋市、高崎市、伊勢崎市、吉岡町、玉村町、榛東村、渋川市

サービス

群馬県医学部生家庭教師会はココが違います。

群馬県医学部生家庭教師会は間に仲介業者が入りません。
だから、まるで知り合いの大学生に教えてもらうような距離感の近さと安心感があるんです。
その他にも医学部生家庭教師会ならではのメリットがたくさん。

群馬県医学部生家庭教師会のイイトコ!その1指導力が高い

当会の家庭教師は、全員が医学部医学科に在籍する現役の医学部生です。豊富な受験経験や知識はもちろん、徹底した指導教育を受けた医学部生教師だけが皆様のご家庭に派遣されます。
また、生徒にあった綿密な指導を行うため、当会ならではの「ステディカルテ」を導入し、生徒の成績向上を後押しします。

群馬県医学部生家庭教師会のイイトコ!その2お手頃な指導料のヒミツ

家庭教師会社を仲介して契約する一般的な家庭教師とは違い、当会は医学部の学生自身によって運営しているため、仲介料が最低限に抑えられています。
このため、他社よりも安く、そして良質な家庭教師をご提供できます。

群馬県医学部生家庭教師会のイイトコ!その3適切な教師が必ず見つかる

家庭教師を雇う時に一番気になるのが、教師と生徒の相性です。
当会では最適な教師が見つかるまで、教師の変更は何回でも無料となっております。もちろん直接教師に連絡せずに、変更をすることができるので安心です。

お客様のお声

実際にご利用いただいた方の声をご紹介します。

成績が驚くほど伸びました

高校1年生の息子の指導を2ヶ月していただきました。もともと苦手であったことに加え、部活や学校行事も忙しいためか数学の成績は下がる一方で2学期期末テストでは一桁を記録、、。「このままでは赤点になってしまう、何とかしなければ」と親子で話し合った末、こちらの家庭教師団体に登録しました。来ていただいた先生はとても礼儀正しく丁寧な指導をされる方で、息子も気に入っていましたので週2回のペースで教えていただきました。そして迎えた学年末試験。平均点ぐらい取れていたらいいな、、と私は思っていたのですが、息子はそれを大きく上回る93点を取って家に帰って来ました。驚いて言葉も出なかったです。本当に先生のお陰でした。ありがとうございます、これからもよろしくお願い致します。

S.T様様

紹介通りの丁寧な指導をする先生で安心しました。

面倒見が大変よい先生でした。とてもマメな先生で、子どもが通う中学校のテスト傾向を分析し、テスト前には予想問題まで提示してくださいました。先生に見て頂く前は学年順位も下から数えた方が早かったのですが、半年で成績はぐんぐん伸び学年上位に食い込むほどになりました。これも◯◯先生のお陰です。大変感謝しております。これからもご指導のほど、よろしくお願い致します。

A.R様様

生徒に合った指導をしてくださる先生

小学校のテストで一桁ばかり取っていました。学校の先生に尋ねたところ漢字が十分に読めていないため問題文が理解できたいないとのことでした。このままでは中学校でも勉強につまずいてしまうと思い、家庭教師をつけてみることにしました。娘が男の先生だと緊張してしまうとのことで女の先生に来ていただきました。とても礼儀正しい方で、漢字練習を一緒にしていただいたり、テストの問題を一緒に解いたりしていただきました。今では娘は「勉強が楽しくなってきた」と言うようになり、テストでも平均点くらいの点数が取れるようになりました。娘の性格に合った指導をしてくださったのだと思います。ありがとうございます。

T.N様様

関東経済産業局から認可を受けた優良家庭教師団体

家庭教師派遣業協同組合

当団体は優良教育団体として関東経済産業局から認可を受けています。HP上の表示料金以外の徴収は一切せず、執拗な電話勧誘も行いません。また高額教材の販売もしておりません。悪徳業者の撲滅を掲げている「家庭教師斡旋業協同組合」に加盟しており、日本における模範的な教育団体を目指しております。

収益は医師育成と地域医療の発展に当てられます

当会で得られた収益は、医学生向けの教材作成や地域の方々へ向けた健康イベントの開催等に当てられ、医学生の教育と地域医療の発展に還元されます。将来医師として地域を支えていく医学生が、地域の方々へ基本的な医療教育を行うことで、地域全体での病気の予防や早期発見などに繋がります。